銀行カードローンの特徴について

カードローンには、銀行などがサービスを提供しているものと、消費者金融会社などがサービスを提供しているものなどがあります。利用者に対してお金を貸すなどのサービスは同じですが、借り入れる事ができる限度額や金利など違ってくる点もあります。銀行系と消費者金融系のカードローンの大きな違いは、借り入れる事ができる限度額の違いです。消費者金融系のカードローンは総量規制の対象になってしまうため、借入を申込む人の年収の合計に対して3分の1を超える事ができなくなっています。この規制があるために、消費者金融から高額な借入はできなくなりました。これに対して、銀行系のカードローンは総量規制の対象にはならないため、消費者金融系よりも高額な借入が可能になっています。これは、消費者金融会社には貸金業法が適用になりますが、銀行には銀行法という法律が適用になっているためです。そのため、総量規制のために消費者金融系から借入ができなかった人でも、借入が可能になるというメリットがあります。

消費者金融系のカードローンより、低金利でお金の借入ができるメリットもあります。消費者金融系のカードローンの金利は、ほとんどが18%前後の金利になっています。これに対して銀行系では、ほとんどが14%前後の低い金利になっています。そのため、消費者金融系よりも低金利で借入ができるので、返済総額を低くする事が可能になります。返済総額が減ると、毎月の返済額や返済期間を減らす事が可能になります。金利が低い事や借入限度額が高い事などメリットがたくさんある銀行系のカードローンですが、消費者金融系よりも申込みの時の審査が厳しいという特徴があります。消費者金融系よりも一般的に審査が厳しくなり、他の金融機関から借入れている金額が多くなっていると審査に通り難くなる可能性があります。審査に必要な時間も、消費者金融系よりも銀行系のカードローンの方が時間のかかる場合が多くなります。