カードローンの増額申請時の審査について

銀行カードローンは申し込みをし、審査を通過することが出来た場合には、申込者の状況に応じて利用限度額が設定されます。利用限度額以内であれば、特別な手続きをしなくても借入・返済を行うことが出来ます。最初に決められた利用限度額は、利用実績がないということから、低額に設定されることが多いため、利用期間が長くなると、最初に決められた利用限度額では足りなくなってしまう可能性があります。そこで、最初に決められた利用限度額では足りなくなってしまったという場合には、増額申請を行うようにしましょう。増額申請を行うタイミングとしては、銀行側から増額についての案内があったという時もしくは十分な利用実績を得た時です。利用し始めてからすぐに増額申請を行ったとしても、返済実績が十分ではないために、審査を通過することが出来ないことがほとんどです。その為、自身のタイミングで増額申請を行うという場合には、最低でも半年以上は利用してからにしましょう。

増額申請の審査は、通常の審査よりも厳しいことがほとんどです。その為、返済が一度でも滞ってしまうと、悪影響を与えますので、返済は滞らないように確実に返済を行うようにしましょう。増額申請を行う場合、申請時に収入証明書を提出する必要があります。収入証明書は、用意するのに時間がかかるものもありますので、申請を行う前に手元に用意をしましょう。増額申請の審査がなかなか通らないという場合には、他の銀行のカードローンや消費者金融に申し込みをすることも検討をするべきでしょう。消費者金融の多くは、申し込みをしてから融資を受けるまでの時間が短く、比較的審査も緩めに設定されていることが多いため、増額申請を行う時よりも簡単に融資を受けることが出来る傾向にあります。大手消費者金融では新規利用者の獲得に力を入れているということもあるため、貸金業者を対象とした総量規制内であれば融資を受けることが出来ます。